自営業やフリーランス、会社経営者の方は、キャッシングの審査を受ける際に、必要な書類がどうしても増えてしまいます。書類が増えると言うことは、それだけキャッシングの審査が厳しくなってしまうことです。

 

これらの方はなかなか審査に通れないという実情があります。ですので、今回はそのような場合にぜひとも利用してほしいテクニックをご紹介します。

 

法人化と事業向けローン

まずは、審査に通りやすくするためにも、個人事業主という肩書から、法人化してしてしまうという方法があります。特に、法人化する場合は株式会社などになれば、一番審査に通過しやすくなります。もちろん、時間も費用も掛かってしまいますが、そうすることでキャッシングをし易くなります。

 

事業向けローンを利用する

また、自営業の方などに取って非常にネックなことは収入が少ない事です。そのために、消費者金融を利用する際には総量規制に引っ掛かってしまい、思うような金額を借入することができなくなってしまいます。

 

そのような場合はぜひとも事業向けローンを利用するといいでしょう。事業向けローンはアコム、プロミス、アイフルが専用のコースを持っていますが、これらならば総量規制の対象外となりますので、総量規制を全く気にすることなく、借入することが可能です。もちろん、自身の収入から借入可能な金額は大きく変わりますので、異様に多額の融資を受けることはできませんので、注意しましょう。

 

事業向けローンは事業にしか使えないのではないか

アイフルのビジネスローンは、事業用となっていますので、事業以外のことには利用することができません。ですが、他の二つ、アコムとプロミスの事業向けローンならば、個人用に使っても大丈夫なのです。

 

アコムの場合は利用方法は利用者の自由ですし、プロミスは事業はもちろんのこと、生活費に使用しても大丈夫と明言しています。ですので、事業以外にお金を使いたい場合はアコムかプロミスを利用するといいでしょう。

 

審査に通過し辛いのは確定申告のせい?

自営業やフリーランスの方は、ほぼ必ず確定申告を行っているでしょう。しかし、これが審査に通過しない原因を作り出しているのです。確定申告を行う際にはかかった費用をできるだけ多く事業費として提出します。そうすることによって収入自体を少なく申告し、支払う税金を少しでも少なくしようとしているはずです。

 

所謂節税ですが、そうすることによって、実際の収入よりは記録として残る収入は少額になってしまいます。収入の少なさは、キャッシング審査においては不利になってしまう要素の一つです。ですので、これらの仕事をしていて、しかも節税をしている時点で、審査には通り辛くなってしまうのです。

 

審査の際には必ず収入証明書を提出しますが、それに記載されているのは、実際の収入よりも小さい額となりますから、どうすることもできません。節税を止めるというのも一つの手ではありますが、そうしてしまうと余計なお金を支払ってしまうだけですから、あまりオススメできる方法ではありません。

 

法人化しているか、事業継続年数が長いと審査に通りやすい

前述したように、法人化をすることが一番審査に通過しやすくなるための手段です。費用は最高で25万円もかかってしまうこともありますが、少ない場合は7万円で済むこともあります。キャッシングの利用がどうしても必要だと言うのであれば、法人化することをオススメします。

 

ですが、時間はかかってしまいますが、費用は掛からずに審査に通りやすくなる方法に、事業年数を長くするという方法があります。たった数年単位では大きく変わることはないでしょうが、10年もその仕事で生活を続けていれば、それは立派な事業ですし、生活としても非常に安定しているとみなされますので、キャッシング審査には非常に有利になります。

 

今すぐキャッシングの利用が必要でないというのであれば、できるだけ長く仕事を続けられるように工夫をして、年収を上げてその仕事で十分な生活が送れるようにしましょう。

 

会社を経営していて、審査に通りにくくなる場合

また、会社経営者の方で、既に事業費として借入をしている場合でしたら、審査に通過しにくくなってしまいます。というのも、会社の借金は会社経営者の借金と判断されてしまうからです。ですので、事業費を借入している場合は、自分自身のプライベートでの借入の際の審査が大変厳しくなる場合があります。

 

しかも、事業費ですから、相当な金額を借りていることでしょう。そのために、個人のキャッシング利用がほとんどできなくなってしまう、ということもあり得ますから、事業費を返済しきるまでは、できるだけプライベートでのキャッシングは行わないようにした方がいいでしょう。