複数社から借り入れを繰り返し、返済に詰まった場合おまとめローンで急場をしのぐ人もいれば、任意整理の道を選択する人もいます。

 

しかし、任意整理をすると長期間に渡って、信用情報機関に事故情報として登録されてしまいます。

 

5年我慢すればいいの?

各キャッシング会社によって、登録するタイミングが異なります。また、完済しても完済後に解約しなければ契約が継続したままとなる包括契約の場合は、きちんと解約手続きを行う必要があります。限度額までであれば繰り返し借入と返済ができるのが、包括契約と言われています。

 

一度包括契約をすることで、借り入れをする度に審査を受ける必要がなくなりますので、契約者にとってもキャッシング会社側にとっても手間がかからない利便性の高い契約なのです。しかし、包括契約をしていると、いつでも簡単に利用限度額の範囲内でキャッシングができてしまうので、借りているという感覚が薄れてしまうのです。

 

キャッシング会社では、総量規制という規制があり、年収の3分の1までしか借りれができないようになっています。そして、総量規制内で限度額を設定されて、借り入れを行うということは、実際には50万円借りていなくても限度額が50万円であれば、50万円借りていることと変わらないと判断されてしまいます。

 

個別契約とは

個別契約は、完済と同時に契約が終了するため、信用情報機関に登録されている事故情報も、完済後5年経過すると登録が消えます。

 

登録されるタイミング

登録されるタイミングは、早ければ任意整理について合意となった後に登録となりますが、遅い場合は返済が全て終わってから登録となります。

 

記録される情報とは

 

6か月間

申込先、氏名、生年月日、電話番号、申し込み日、申し込みをした商品の種類

 

解約後5年間(契約時)

契約日、契約した商品の種類、契約金額、支払い回数

 

解約後5年間(返済時)

返済日、返済予定日、残高、完済日

 

記録される期間は?

  • CICは、債務整理の手続き後最低5年間
  • JICCは債務整理の手続き後最低5年間
  • 全銀協は任意整理の場合は手続き後最低5年間
  • 自己破産や個人再生の場合は、手続き後最低10年間

 

CICはクレジットカード会社や信販系の会社が加盟していて、JICCは消費者金融系の会社、全銀協は銀行などの金融機関が登録しています。

 

この3つの信用情報機関は、お互いに情報を提供し合っているので、キャッシングじゃなくて自動車ローンだから大丈夫と思っていても、信用情報機関同士で照会し合っているから気を付けるひつようがあります。

 

自分の事故情報がまだ載っているのかどうか気になる人は、各信用情報機関に有料で情報開示を依頼するとよいでしょう。

 

CICでの情報の取り扱い

CICでは、クレジットの場合、情報の登録や更新のサイクルは、原則として月に1度となっています。加盟するクレジット会社によって締め切りの日が異なるため、登録されるタイミングはまちまちです。賃金業法に基づく個人情報の登録は、新規契約や内容変更のあった時から最大で翌日までに行うことになっています。

 

CICで過去に自己破産をして免責決定を受けても、CICに免責された残高が登録されたままになっていると、言った場合があります。その場合は、自己破産をした後に裁判所がクレジット会社に免責通知をしていない場合が考えられますので、契約していたクレジット会社に問い合わせをする必要があります。

 

任意整理中でも借入できるか?

任意整理は、1週間程度で手続きが終わるということはありません。数か月かかる場合もあるようです。そういった手続きの間に、どうしても現金が必要になったら、どこかでキャッシングできないかと、思いますよね。できるかできないかというよりは、手続き中のキャッシングが発覚しなければ、任意整理には支障はでないでしょう。しかし、発覚したら大きなダメージとなるでしょう。

 

信用情報は厳格に取り扱われている

信用情報は、融資の申し込み以外では、照会してはいけないという厳格な規制がありますので、その厳格な規制を逆手にとって内緒でキャッシングをするという方法です。

 

しかし、任意整理中にキャッシングしたことが発覚したら、業者側としては任意整理に応じたくないということになって、話し合いがこじれてしまうでしょう。依頼していた弁護士や司法書士からも見放されて不利な状況となります。

 

任意整理は、家や車を手放さずに借金を減額してもらうことができます。それだけでも有りがたいことですから、残った借金を地道に返済していくことを考えるのが先決です。どうしても借り入れが必要な場合は、配偶者名義で借り入れをするといった配慮が必要です。

 

キャッシングは自己責任ですが、本当に現金が必要な時に事故情報のせいでキャッシング利用ができなかったら大変なことになります。何のために任意整理をしたのか認識できなければ、また借金を繰り返す生活を送ることになってしまいます。