おまとめローンと債務整理では大きな差があります。このどちらかを検討しているという事は、既にいくつもの業者からお金を借りていて、月に何回もの返済日を管理している状態という事になるでしょう。

 

返済できるなら頑張って返す

消費者金融のキャッシングは年収の3分の1を超えなければ借りる事ができます。初めてのキャッシングの場合、初めから最大限度額が付く事はあまりなく、少なめからのスタートになる事がほとんどです、返済実績を積み上げていけば限度額の増額もありますが、ある程度の日数がかかる事になります。

 

そうすると、まだ年収に余裕がある場合他社で新たにキャッシングを申し込む事が可能になります。実際消費者金融のホームページによくある簡易審査のところの必要事項の入力欄には他社の借入額というのがあります。ですから、他社で借り入れをしていても、年収などの条件次第ではまだ審査に通る事が可能というわけなのです。

 

そのようにしていくつもの業者をまたいでお金を借りつづけているうちに、複数社への返済に追われる日々にいつのまにかなってしまいます。このような状態を多重債務といいますが、いつどこにいくら返済するのかを気にしながら延滞なく支払い続けるのはとても労力のいる事となるでしょう。

 

多重債務になったらまずは一本化を

多重債務の生活を長く続けるのはとても困難です。そのような場合は思い切って借金を一本にまとめてみましょう。多重債務の怖いところは、返済のために他で借りては返す自転車操業になってしまいがちな事です。

 

そうなると返済は全て借金で成り立っているわけですから、永遠に終わらない負債になってしまいます。キャッシングの金利は高いですから、何社もの借金を高金利で返すのはとても大変です。そんな時におまとめローンを利用すると、キャッシングよりも金利が安くなり、返済日もひとつになるのでとても楽になるはずです。

 

多重債務状態でもなんとか返せるとしても、おまとめローンで返すのとキャッシングで返すのでは返済総額が大きく違います。せっかく働いて稼いだお金ですから、金利ばかりに飛んでいってしまうのはもったいない事です。

 

おまとめローンはキャッシングではないので、新たに借りる事はできなくなりますが、そこまで借金が多くなっているのであれば、まずはそれ以上借りずに残高を減らすよう努力しましょう。多重債務だと、ついうっかり返済を忘れてしまったり、何カ月も滞ったりするというケースもあります。

 

そうなると、信用情報に記録が残ってブラックリスト入りしてしまうので、借り換えたくても審査に通過できなくなってしまいます。そうなる前に借り換えられればいいのですが、既にもう借りられない状態になっている人であれば別の方法で解決しなければなりません。

 

もはや自分の力で返済しきれない場合

借りたお金は自分で全部返すのはもちろん原則ですが、返済が思うようにできない状況になってしまった場合には救済策があります。それが債務整理なのですが、これは個人で行うにはとても難しい作業になるため、弁護士等の専門家に相談しながら進めていく事になります。

 

債務整理というと自己破産と考えがちですが、自己破産もそう簡単ではありません。まず検討されるのは「任意整理」です。

 

これは借入している業者との交渉で、借金を減額してもらったり、利息を免除してもらったりと、少しでも返済しやすいように融通してもらうという事になります。業者側もまるまる回収しそびれるよりは少しでも返済して元金だけでも回収したいですから、条件をいいように変えてくれる場合があります。

 

もうひとつが「個人再生」です。この方法だと、借金の総額をかなり少なく圧縮して、そのかわり3年や5年などの期限内に完済するという約束になります。この方法だと、住宅ローンなどは支払いながら負債を減らして整理する事ができるので、頑張れば早く問題が解決できます。

 

最期の手段として「自己破産」があります。自己破産すれば借金はなくなりますが、様々な制限がかかってくるのでその後の生活は最低限度のものになりますし、もちろん新たな借金をする事も10年間は無理です。借金がなくなるなら自己破産の方がいいと思うかもしれませんが、その後の生活の事を考えるとなるべく避けたい方法です。

 

どの方法であれ債務整理をすると信用情報にその事が記録され、5年から10年にわたって記録が残るので、いかなる借金もできませんし、クレジットカード等も利用する事ができません。そうなると何かと不便になりますので、多重債務はなるべくひとつにまとめて自力で完済を目指しましょう。