銀行カードローンとおまとめローンは総量規制の対象ではありません。ですので、すでに総量規制を超えそうな方でも、総量規制以上のお金を借りたい場合でもこれらを利用すれば借りることができます。

 

もちろん、銀行カードローンは既に借り入れがあると審査が難しくなりますし、おまとめローンは借りたら必ずその他の借金の返済を行わなくてはなりません。特に、銀行カードローンの場合はそのままお金を自分の手元に置くことになりますので、目的外にも使えてしまいますので注意しましょう。

 

対象外になる理由

まず、銀行カードローンが対象外になる理由ですが、そもそも総量規制は貸金業法という、消費者金融などの貸金業者に対して有効な法律です。ですので、根本の部分から銀行カードローンは対象とはなっていないのです。

 

ですので、通常の銀行カードローンにしろ、銀行のおまとめローンにしろ、総量規制を気にすることなく利用することができるのです。また、総量規制のようなルールがあれば、低金利で高額融資に向いている銀行には不利益ですから、そのような法律が今後できるようなこともないでしょう。

 

おまとめローンが対象外になる理由

おまとめローンは消費者金融も銀行も行っていますから、総量規制の対象外になっているのにはしっかりとした理由があります。おまとめローンとは、借金の一本化のために行う融資です。ですから、どうしても融資金額が高額になってしまうのです。

 

もしもおまとめローンに総量規制が適用されてしまったら、満足に借金を一本化することができなくなってしまいます。それでは、おまとめローンの存在意義ですら全くありませんね。ですので、総量規制の対象外にならなくてはいけないのです。

 

おまとめローンの目的を忘れてはいけない

総量規制以上の融資を受けられるのはおまとめローンのメリットではあります。しかし、たくさんお金を融資してもらえるからと言って、借金の一本化以外の用途にお金を使える訳ではありません。借入金額は必ず借金の一本化に必要な金額だけです。

 

しかし、銀行カードローンでおまとめローンを行う場合ですと、融資金は自分自身の手元に入り、自分自身がその他の借入先に振り込む必要があります。ですので、たくさんのお金が手に入ったということで、ついつい別の用途に使ってしまいがちなのです。特に、借入したお金をもっと増やすことができれば、と考える人も多いでしょう。

 

そのような方はついついギャンブルに使ってしまいます。大体そのような人がギャンブルにお金を使って儲けを出した、という話は聞きませんから、概ね大損してしまっていることでしょう。そうしたら、ただ単に借金が膨らんでしまっただけですので、絶対にギャンブルなどに使わないようにしましょう。

 

このようなことが起こり得るので、もしもお金にルーズだということを自覚している方は、銀行カードローンではなく、消費者金融の方でおまとめローンをするといいでしょう。そちらの場合でしたら、借入先の振込みは消費者金融が行ってくれますので、無駄なお金を使ってしまうようなことは一切ありません。

 

おまとめローンに限度額はあるのか

おまとめローンの限度額は一応あります。しかし、それは銀行によっても異なりますし、利用者自身の信用度によっても左右されます。

 

信用度が高ければ一本化するのに十分なお金を融資してくれるかもしれません。逆に信用度が低いと完全に一本化することができないかもしれません。どちらに転ぶかは、自分次第ですね。

 

一本化しきれなくとも、まとめることに意味がある

もしも一本化できなかったからと言って、おまとめローンをあきらめる必要はありません。おまとめローンで借金をまとめることのメリットは、何も一本化することで金利を安くすることだけではなく、複数の借入先があるせいで借金の金額が把握し切れないという現状から抜け出すことや、返済に掛かる手数料を減らすというメリットもあるのです。

 

もしかしたら、手数料が無ければ返済が楽になっていたかもしれない、という人もたくさんいますので、これらの恩恵を受ける人はたくさんいます。ですので、一部だけであってもおまとめローンでまとめてしまうのは非常に有意義な行動なのです。