これまでもパソコンを利用することで即日融資を行うことは非常に簡単になっていましたが、ここ最近ではスマホの発展に伴い、大手の消費者金融などは専用のスマホアプリなどをリリースしています。

 

審査の申し込みは自宅から、そしてスマホを利用できればどこからでも利用可能になっています。ですので、スマホアプリを使いこなすことで、即日融資はかなり簡単にできるようになっているのです。

 

とにかく急ぎたい!口コミで選ばれている最速キャッシングはここ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

スマホ審査のやり方は超簡単

スマホアプリを利用しての審査は非常に簡単です。スマホアプリは基本的に無料ですし、Android版もiPhone版も両方用意されているものが多いです。それらをダウンロードをして、後はガイドに従って入力を行うだけです。必ず指示が出ますし、内容もとっても簡単なので、スルスルと行うことができるでしょう。

 

ただ、難点があるとすれば、スマホでの入力が少し難しいと言うことでけでしょう。選択式の事項は自分に合った項目を選択するだけですので、スマホでも簡単に行うことができますが、入力となるとミスも起きやすいですし、何よりタッチでの文字入力は苦手な方にはかなり面倒くさいです。ですが、それらが普通にできると言う方ならば、苦労する場面もなく、簡単に入力を済ませてしまいます。

 

もしも、入力が苦手な場合は

そのような場合でしたら、素直にパソコンからも申込みに切り替えた方がいいでしょう。スマホ版の最大の魅力はどこからでも利用可能ということですから、自宅外からの審査申込みを行う場合にのみ、その長所はいかんなく発揮されます。ただし、自宅から行うのであれば、パソコンからでも全然大丈夫です。内容もあまり変わりませんので、特に心配することもないでしょう。

 

スマホの利用だけで審査、借入は可能なのか

スマホアプリで利用すれば、申込みから審査を行うまでの行程は、スマホだけあれば大丈夫です。ネットを利用して行うのは、申込みまでですが、審査の際には必ず電話が掛かってきます。

 

もちろん、自宅の電話ではなく、携帯電話への連絡ですから、それはスマホで行うことが可能ですね。また、郵送物が送られてきて、それを返送するというようなことは一切ありません。それらの行程は全てスマホでおこなうことができますから、完全に不要です。

 

借入の際はスマホ以外のものを利用することもある

口座振り込みをしてもらうのであれば、スマホだけでも大丈夫ですが、コンビニATMなどを利用して借入、返済を行いたいのであれば、必ず必要になるのがローンカードです。ローンカードは原則として郵送で送られてくるものですが、即日借入をしたい場合や、自宅に郵送されては困る、というときにはスマホだけでは対処しきれません。

 

自動契約機を利用してローンカードを発行する

もしも、借入先が消費者金融ならば、ローンカードの郵送を無くす手段として、自動契約機を利用してローンカードを発行するという方法があります。スマホで申込みや審査を行い、審査回答を得ていれば、ローンカードの発行のためだけに自動契約機を利用することが可能ですので、待ち時間などはほとんどありません。

 

スマホだけで完全に借入までを行う、ということはできませんが、それでも自動契約機を利用するだけですし、操作も非常に簡単ですから、何も心配することはありませんし、ちょっとだけ手間が増えてしまうだけで済みます。

 

スマホアプリがない金融機関を利用するときはどうすればいいか

大手の消費者金融や銀行でしたら、ほぼ必ずと言っていいほど専用のアプリを配信してます。しかし、地方銀行などの小規模な銀行や、中小の消費者金融では専用のアプリを持っていない場合はザラにあります。

 

ですが、そのような場合でもスマホ専用のサイトを持っていることが多いので、それらを利用することでスマホからの申し込み、審査を受けることができます。また、スマホ専用のサイトを持っていなくとも、パソコンから申し込みができるサイトを持っている場合もありますので、そちらを利用するようにしましょう。

モビットのWEBを完結なら、職場への在籍確認を回避できる

キャッシングに申し込むと、職場へ在籍確認の電話がかけられます。職場へキャッシング会社から電話がかけられるのは嫌なものですが、モビットのWEB完結を利用すれば在籍確認を回避できます。

 

またプロミスでも必要書類の提出で在籍確認の電話を回避することが可能です。モビットでもプロミスでも在籍確認を回避するには必要となる条件はありますが、それさえ満たせば勤務先に電話がかけられることはないため、安心してキャッシングを利用できるようになるのです。

 

在籍確認の電話はできれば避けたいもの

キャッシングに申し込むと、勤務先へ在籍確認の電話がキャッシング会社からかけられます。これはキャッシングの利用者が申し込みの際に記入した勤務先に、本当に勤務しているかを確かめるために、匿名の電話をかけることで確認されるものです。この在籍確認の電話は勤務先で確認することを目的にしているため、本人が電話にでる必要はありません。

 

在籍確認は多くの金融機関で実施されている

この在籍確認は消費者金融や銀行カードローンで実施されている他、クレジットカードの申し込みにおいても実施されています。多くの金融機関で普通に行われている手続きであるため、プライバシーの侵害などについて不安を抱く必要はありません。

 

ただし、匿名とはいえ金融機関から勤務先に電話がかけられるのは嫌なものです。特に勤務先が小さな職場である場合には、同僚が電話内容について不審に思うことも多く、できれば在籍確認を避けたいという場合もありえます。そのような場合には、在籍確認を回避できるキャッシングに申し込む必要があるのです。

 

モビットのWEB完結は在籍確認を回避できる

モビットのWEB完結に申し込むと、職場への在籍確認を回避できます。WEB完結では在籍確認手続きが行なわれないため、在籍確認について心配する必要がないのです。

 

ただWEB完結と言われているものの、キャッシングに関する利用手続きのすべてがWEBだけで完結するわけではありません。申し込みが完了した後に行なわれる本人確認の電話についてはWEBで代替することはできません。

 

キャッシングに申し込むと、利用者が本当に申し込んだかについて確認するためにキャッシング会社から本人の携帯電話に確認の電話がかけられます。ここでWEB完結を利用しても、この本人確認の電話については電話連絡が取られるのです。

 

しかしこの本人確認以外の電話連絡はありません。WEB完結なら申し込みから審査まですべてをWEBでできるまで、申込用紙を郵送する必要もなく、審査を受けるために来店する必要もないのです。ネットを利用したキャッシングの中で一番利便性が高くなっているのはモビットなのです。

 

WEB完結の申込には特定の銀行口座が必要

モビットのWEB完結に申し込むのは簡単です。モビットの公式サイト上にある申し込みフォームから必要項目を記入して送信するだけで、申し込み手続きは完了します。

 

ただしモビットのWEB完結を利用するのには、特定の銀行口座を開設している必要があります。三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の口座を開設していることがWEB完結を利用する条件となっています。WEB完結の申し込みの際には、これら銀行の口座情報についても記入する必要があります。

 

またWEB完結の利用には「健康保険証」あるいは「給与明細」といった書類が必要とされる場合があります。そこでこれらの書類が必要とされた場合には、書類を撮影した画像データを送信して提出することも求められます。職場に勤務していることを証明する書類を提出するために、WEB完結では職場への在籍確認が必要とされていないのです。

 

WEB完結の審査結果は10秒で表示される

モビットのWEB完結最大の特徴は、申し込み手続きが完了した直後に審査結果が表示されることです。データの送信から10秒ほどで、仮審査というかたちで審査結果が表示されるのです。

 

このような短期間で審査結果が出せるのは、モビットが構築している審査システムの優秀さのおかげです。モビットが蓄積している過去の膨大なデータと利用者の申込内容を照会し、コンピューターが自動で判別するシステムを構築しているため、10秒足らずの間に審査できるようになっているのです。

 

仮審査と本審査で結果が異なることがある

しかしここで注意が必要なのは、表示される結果はあくまで仮審査の結果であるということです。コンピューターによる自動審査の後に、スタッフによる本審査が行なわれます。そこで信用情報の照会が行なわれた結果、仮審査で利用が認められていても本審査で利用が拒否されることがあります。逆に仮審査で利用が認められなくても、本審査で利用が認められるということもあるのです。

 

モビット以外のキャッシングで在籍確認を回避する方法

このようにモビットではWEB完結に申し込むと、自動的に在籍確認を回避できるようになります。そこで確実に在籍確認を回避するためには第一にモビットの利用が推奨されます。

 

しかしWEB完結の利用には銀行口座の開設が条件となっているため、特定の銀行口座を開設していない場合には他の手段を模索する必要があります。

 

プロミスで在籍確認を回避する方法

プロミスでは自動契約機あるいは電話を利用してキャッシングに申し込む際、スタッフに在籍確認をしたくない旨を伝えると、在籍確認を回避できる場合があります。この場合、在籍確認の代わりに「健康保険証」や「給与明細」といった職場に勤務していることを証明する書類の提出が求められます。

 

プロミスでは自分でスタッフに連絡し、在籍確認しないように申し出る必要があるため、モビットのWEB完結にくらべ若干手続きが面倒となっています。

 

アコムでは在籍確認が必ず実施される

モビットやプロミスでは在籍確認が回避できる方法が用意されているのに対し、アコムでは在籍確認が必ず実施されます。休日に申し込み手続きが行なわれ職場への在籍確認が実施されなかった場合には、仮契約として最低限度額の10万円の融資枠が与えられるという形になっています。

 

その後、改めて在籍確認が実施され、確認が取れれば融資枠が増額されることとなります。このようにアコムでは、いずれかのタイムングで在籍確認が実施されることになっているのです。

 

銀行カードローンでは在籍確認できたという報告もあるが

複数の銀行カードローンでは在籍確認を回避できたという体験談も存在しています。たとえば三菱東京UFJ銀行のローン契約機を利用して休日に申し込んだケースや、楽天銀行スーパーローンに少額融資を申し込んだというようなケースです。

 

しかし勤務先への在籍確認は匿名で行なわれる上に本人が応答する必要がないものであるため、いつ、どのタイミングで実施されたか本人が知らないケースも多いものです。在籍確認がなかったという体験談があっても、本当は在籍確認が実施されている可能性もあるのです。

 

そこで確実に在籍確認を回避するのであれば、これらの体験談を信用するのではなく、モビットのWEB完結かプロミスを利用する必要があります。モビットとプロミスでは在籍確認を回避するためのシステムが備えられているため、そちらに申し込めば確実に在籍確認を回避でき、安心してキャッシングを利用することが可能となるのです。